ALMOSTBLACK

【ALMOSTBLACKオールモストブラック】(書/井上有一)CREW NECK PRINT LONG T/ クルーネック プリントTシャツ(24AW-CS07)

12,100(税込)

242ポイント獲得できます

数量
size collar
1サイズ BLK

¥12,100(税込)

売り切れ
1サイズ WHITE

¥12,100(税込)

売り切れ
2サイズ BLK

¥12,100(税込)

在庫あり/あと1個

2サイズ WHITE

¥12,100(税込)

在庫あり/あと1個

3サイズ BLK

¥12,100(税込)

売り切れ
3サイズ WHITE

¥12,100(税込)

売り切れ

この商品について問い合わせる

アイテム説明

ALMOSTBLACK | オールモストブラック 24SS

アートとしての「書」を開拓した現代書家 井上有一とのコラボレーションシーズン。

24AW-CS07

 
カラー:ブラック
素材:COTTON 100%


2サイズ:着丈75、身幅118
3サイズ:着丈79,身幅130


井上有一
 
 

アートとしての「書」を開拓した現代書家(1916〜85年)。

「日常使っている文字を書くことで、誰でも芸術家になれる。書は世界に類を見ない芸術である」という有名な言葉を残しています。
 

生まれは東京都。現・東京学芸大学である青山師範学校を経て、東京市本所区横川尋常小学校に訓導(教諭)として勤務します。

1942年、上田桑鳩に師事。1950年、第3回書道芸術院展に初出品し、『自我偈』で書家デビューを果たします。同時期に上田桑鳩のもとを去り、江口草玄・森田子龍・中村木子・関谷義道と「墨人会」を結成。機関誌『墨人』を刊行します。
 

1957年には、サンパウロ・ビエンナーレ(現代美術の国際展覧会)に、『愚徹』を出品。イギリスの有名な美術評論家ハーバート・リードの目にとまり、翌年、『近代絵画史』に掲載されます。
 

1959年には、ドイツのキュレーターだったカスパー・ケーニッヒの推薦で、「ドクメンタ(現代美術の大型グループ展)」に出品。さらに1971年には、初となる作品集『花の書帖』を刊行し、初の個展も開催します。
 

「元気に自由に書くのが良い」と語った井上有一は、師弟関係による技術指導を拒み、職業芸術家としての道も拒否。小学校教師として生涯を過ごし、1976年、神奈川県寒川町立旭小学校長を最後に41年間の教師生活を終えました。
 

墨をたっぷりふくませた大筆を使い、身の丈より大きな和紙に向かって等身大の一字を書いた井上有一。

絵画的ともいえる、生命力あふれる表現により、伝統的な書法とは一線を画す新境地を開拓しました。
 

代表作に『東京大空襲』シリーズがあり、1945年の東京大空襲で仮死体験をした話も有名です。

そんな井上有一の遺した作品は、高橋睦郎・山口昌男・操上和美・糸井重里・緒形拳など知識人やクリエイター達にさまざまなインスピレーションを与えたと言われており、没後30年以上経った今でも、世界中の人々を魅了し続けています。




※※注文時のご注意※※
■こちらの商品はサイズ、カラーによってお取り寄せ商品となります。在庫は常に流動しておりますので、ご期待に添うことができない場合もございます。
■ご注文後、お取り寄せが可能な場合、発送までに最大一週間程お時間をいただく場合がございます。
■お客様ご都合でのキャンセル・返品・交換はお受けしておりません。
■商品写真はできる限り現品を再現するように心がけていますが、ご利用のモニターにより差異が生じます。
■クレジットカード会社が発行する利用明細書を領収書としてご利用ください。​
以上、予めご了承の上ご注文くださるようお願いいたします。
  • システム商品コード
    :000000018267
  • 独自商品コード
    :CREW NECK PRINT LONG T(ブラック)24AW-CS07
  • 目安送料
    :0円~

最近チェックしたアイテム